あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

喫煙の恐ろしさを知る

タバコと頭髪

タバコを吸うと頭髪、頭皮に非常に影響を与えます。髪に必要な栄養素は、毛細血管から毛母細胞に吸収され、毛髪を作っていきますが、ニコチンは血管を収縮させ血行を阻害します。そして一酸化炭素の発生があることで酸素が不足します。



それらの原因によって毛母細胞の栄養が不足し、白髪や薄毛、脱毛が出やすくなります。また、髪の毛内の質も悪化して、毛にツヤや光沢が無くなります。さらに、ニコチンは体内に存在するビタミンCも破壊していきます。これは、様々な細胞に異常をきたす要因になります。



また、喫煙はコラーゲンをも分解により毛髪から潤いをも奪う上、タバコに含まれているタールという成分は体内に蓄積していき、髪にも蓄積されて、色が黒ずんでいきます。



禁煙した人の髪内に蓄積されたタールの状態を調べれば、いつ禁煙を始めたしたかがわかるそうです。



喫煙が脱毛に影響するもう1つの要因としては、一酸化炭素の影響で、体全体が慢性的な酸欠を作ることが、酸欠により体温の低下をまねくことになり、睡眠に障害を起こしていたり、発毛を阻害していたりと、体や毛髪に対して様々な形で悪影響を与えています。



もともと脱毛は男性ホルモンに起因するということが言われていましたが、研究により男性ホルモンそのものではなく、ホルモンの感受性の度合いによって起こると考えられています。



あわせて喫煙が男性ホルモン分泌を促し脱毛を促進するという結果もでています。最後に、頭皮にタバコの煙がかかっているだけで、毛穴が締まっていき、毛髪が育たなくなってしまうのです。