あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

喫煙の恐ろしさを知る

タバコとED

タバコでED(男性の勃起不全)になるのでしょうか。なんと喫煙は、糖尿病と高血圧症に並びEDを招く3大原因です。では、喫煙とEDの関係について説明します。タバコを吸いながら、ますます戦意喪失するのはなぜでしょうか。



たとえば、夫婦関係の中で、いざしようとすると中折れしてしまい、休戦になってしまう。その後にタバコをまた吸いながら、回復する機会をうかがったが、吸えば吸うほど脱力するばかり。ついには縮んでしまい、全くダメになったというのです。



このケースは典型的なタバコによるEDです。実は、タバコに含まれるニコチンに血管を収縮させる強い効果があります。ですから、健全な勃起を阻害する要因となります。男性器は血管でできていると言えるくらい複雑な血管網で形成されています。



その海綿体を貫く動脈に血液が充足することによって勃起状態となりますが、ニコチンで血管自体がしぼむので、全体もしぼんでしまうのです。実際にEDの80%以上が喫煙者というデータがでています。



また、同時にタバコでED治療薬の効能が落ちてしまうこともあります。せっかくED治療薬を摂取していても、タバコでまた悪化させるという矛盾した状況です。



よく映画などでは、セックスが終わった後にベッドでタバコをふかすのが演出の1つにあります。しかし、喫煙はEDだけでなく、多くの病気の原因にもなります。たとえば心拍数増加や高血圧、心筋収縮力の増加など、ニコチンには循環器機能に悪影響であることが多く確認されています。ED自体は要因が多いので、タバコをやめることですぐに治るわけではありませんが、要因となっていることにはちがいありません。