あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

喫煙の恐ろしさを知る

タバコの子供への影響

タバコによる子供への様々な影響をあげていきます。



まず、女性が妊娠する際には非常に大きな影響があります。女性が喫煙していたり、女性自身が喫煙しなくても受動喫煙を受けていた場合です。まず、喫煙は生殖機能にも大きな影響及ぼし、喫煙女性の不妊症は3人に1人発症するといわています。その上、生まれた子供は発育が悪く、知能指数も低くなると報告され、抑制のきかない人間、キレやすい子供になりやすく、子供が将来暴力や殺人の犯罪を犯したり、常習犯罪者になる率が高いというデータも出ています。



これは胎児期の脳が、ニコチンをはじめ様々な化学物質に晒されることで様々な障害を受けるためではないか考えられています。



また喫煙者に流産が多いと指摘されています。未熟児を出産する確率は妊娠中に喫煙した女性が非喫煙者の3倍にも達します。流産や死産だけでなく、奇形になる可能性も高いと警告しています。また、産まれてくる時に乳児の体重は減少しており、そのようになる程度はちょうど妊婦自身が1日に1~9本喫煙している量と同等です。



次に、乳幼児においては誤食、誤飲によるニコチン中毒がおこります。



誤食では、胃液の酸性のためにニコチンの溶出が悪く吸収は遅いですが、既に水に溶けたニコチンは吸収が早く症状も重いとされています。ちなみに、純なニコチンが含有されるのは灰であって葉や煙ではありません。



最後に、身近に喫煙者がいると、子供のおしっこの中にニコチンの分解物が出てきます。身近に喫煙者いない場合に比べ、普通の100倍の数値で出てきます。それだけニコチンが吸収されているということであり、タバコが原因でアトピーや喘息になる子供もいます。