あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

禁煙グッズ

禁煙ガム、飴、唾を飲む

タバコが吸いたくなった時の対処法をいろいろと挙げてきましたが、実際に禁煙を目指す際の1例としては禁煙ガムや飴などで口の寂しいのを 紛らわすために外から口に何かを入れるとタバコに手を出しやすいといった例もあります。



その例として、昔からある禁煙パイポがありますが、タバコ吸う人はあの「吸う動作」と「口に何かが触れる感覚」が結構好きなのです。大人のおしゃぶりのようなものです。



結局その習慣をなくすことができなければ、またタバコに戻ってしまう、それが意識的か無意識的にかはおいておいて、ちょっと人に渡されたりどこかにあったものによって一連の動作が始まり、吸ってしまう習慣が出てきてしまうということがよくあります。



そういった習慣を完全に無くすといった方法としては、単に唾を飲み込み続ける、ということも効果的です。口の寂しさを乗り越えることは簡単ではありませんが、ニコチン中毒とはまた別の症状として、こういった習慣による症状を治していくということも、長期の禁煙をしていくには大切なことです。



別の項であげる、禁煙時に近づかないようにすべき場所や空間、喫煙と連動してしまう動作や作業、といったものもあります。禁煙のメリットを思い浮かべながら、このような自分が今まで好んでいた趣向を変えていくことが、禁煙にとっての大きなステップとなります。



その段階を超えてこそ、必ず今まで見えなかった新たな人生が見えてくることでしょう。