あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

禁煙へのきっかけ作り

きっかけの必要性

下記はとある人の例です。この人は禁煙を思い立ちましたが、その後腸炎にかかり、薬を飲むためにタバコをやめることにしました。しかしそれでも問題なく、結果として禁煙できました。



薬は飲むと副作用で吐き気があって、飲みたくないときもあったそうです。でも、薬を飲まない代わりに薬をやめてタバコを吸いたいかというと、そうではなかったと。



ここでいえることは、喫煙者が「自分は禁煙できない」という理由は主に2つあって、1つはニコチン中毒による依存症、もう1つは喫煙が体質的習慣になっているということです。



つまり、禁煙するためには、この両方を超えるきっかけが必要です。何か大きなきっかけがないと禁煙ができないという人は多いです。大きなきっかけにしろ小さいものにしろ、タバコに負けないしっかりした決意が必要です。この決意を持続させるための工夫も大切です。人間ですから、強さを増すいろんな方法があり、弱くなってしまう時に支えてもらういろんな方法を皆もっています。



実際禁煙してみれば、タバコを吸っていた頃は気づかなかったとはっきりいえる、気持ちも体も楽な生活が待っています。やめた後には誰しもがやめてよかったと心から思っています。やめてみると、タバコを吸っている人と吸っていない人を客観的にみて、匂いなどですぐにわかるようになってきます。



そして、タバコを吸っている人には側に近づきたくなくなります。それはまた吸いたくなってしまうからではなく、もはやタバコの匂いを、本気で煙たいし臭いと思うのです!そして、吸っている人にぜひやめてほしいと思うようになります。