あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

禁煙へのきっかけ作り

記念日作り

禁煙が成功したとある人の例をあげます。



この人は禁煙記念日をつくりました。明日がその禁煙記念日です。過去に禁煙にチャレンジし、2週間程度で挫折、その繰返しを三度も味わいました。三度挑戦した中では禁煙グッズなどを購入してのチャレンジもありましたが、結局ことごとく敗北しました。



この挑戦した頻度は、だいたい3年から5年の間にチャレンジしては失敗、数年して再度チャレンジして再度の失敗、これを繰り返すことが3回でした。そしてついに、4回目の禁煙に挑戦し、見事成功しました。



このときのきっかけは、ゴールデンタイムのテレビを見終わった後に娘との対話で、「お父さんも禁煙するわ」から始まりました。その番組の中では喫煙による恐怖をこれでもかと言うほどに報じていました。



ヘビースモーカーのニコチンで真っ黒に汚れた肺、タバコとガンの関係性などを放映していましたが、その当時喫煙本数はなんと1日で3箱、60本吸っていました。完全なるヘビースモーカーと行った状態でした。テ



レビを見終わった後、口から「お父さんも禁煙するわ」の言葉を出したところ、妻と娘から「無理、無理。禁煙だけはお父さんは絶対出来ないと返されました。すでに今までの3回の失敗に懲りていたのでしょう。さらに妻などは「そんな大それたこと言わずに、1日で1箱にすることを考えたら。」といわれ、そのときばかりは カチッときたが、ならば何が何でも禁煙してみせると挑戦したのが今回の禁煙、その日が記念日になりました。