あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

禁断症状

ニコチン中毒

喫煙をする理由は吸うことが習慣だからというよりも、単なるニコチン中毒や依存症になっている、とも言われています。ニコチン中毒とは、血中のニコチン量が低下することによりイライラなどの症状が生じることです。



タバコはニコチン依存症ではない、習慣だと思っている人がニコチンやタールが入っていないタバコを試しに吸ってみると、1本吸ってみても全く物足りない、空気を吸っている以上に、空気よりまずいと感じるのです。何本吸ってみたとしても美味しくない上にニコチンが摂取されないので、結局は直後に普通のタバコを吸わざるを得ない状況でした。



単なる習慣でタバコを吸っているのなら、ニコチンやタールフリーのタバコでも良かったのです。結局ニコチンの中毒だから、ニコチン含有タバコでないと満足できなかったのです。



ニコチン禁断症状を詳しくあげると次のような物があります。イライラ、怒りっぽい、不安が生じる、すぐ心配になる、欲求不満になる、集中力が落ちボーッとする、落ち着きが無くなる、手足がだるくなる、体がつらい、目の焦点が合わない感じになる、気分が落ち込む、うつ状態になる、 不眠症になる、夜中に目が覚め昼間眠くて仕方がない。など、このような症状があります。



しかし、ニコチンに対しては、止めてから3週間ほどで、99%は無くなります。この3週間はニコチンによる禁断症状が一番苦しいと思いますが、ここを超えればほとんどが達成です。ぜひ禁煙に挑戦してみましょう。