あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

禁煙中の禁止事項

軽いタバコはいい?

禁煙までいかなくとも、健康のことを考え軽いタバコに変える、本数を減らすといったことは誰でも考えることです。



ある人が最初に取り組んだ禁煙方法は、タバコの本数を徐々に減らしていき最後に0本にする方法でした。



一見成功しそうに思いましたが、これが見事に失敗しました。本数を減らしていこうとはしているのですが、その分1本あたりのタバコを根元まで吸ってしまい、また肺に深く吸い込むようになり、かえってタバコの本数ばかりが気になって余計にストレスとなりました。これでは量を減らしても結局ニコチンを吸収していることに変わりはありません。



次に考えることとして、軽いタバコにしてみたらよいのではないかと考えました。



ところが、経験者にしてみると、軽いタバコに変えたとしても同じニコチン分のタバコ代が余計かかるだけで、軽いタバコに変更した時期から、さらにタバコの害が増えていたようです。軽いタバコは、特別なタバコではなくただフィルター部分に穴を小さく多数あけてあり、吸うときに空気で薄まるというだけの仕組みです。



タバコを吸う時に指で丁度ふさがる部分ですから、いくら穴が開いていても、自分の指でふさげば濃いタバコを吸うのと同じことになります。



したがって軽いタバコにすることも、量を減らしていくというのも、結局はニコチン量を欲してしまう以上意味のないことです。