あなたにあった禁煙方法 タバコとうまく付き合うためには

禁煙のメリットを知る

タバコはストレス!?

喫煙している多くの人は、タバコがストレス解消になっていると信じています。それは、イライラしていても、一服で心が落ち着くことを体験しているからです。それを繰り返しことでタバコはなくてはならないストレス解消グッズという印象がつけられてきました。



ところが、禁煙外来で先生に話を聞くと「タバコはあなたのストレスを増やしていたんですよ」と言われます。これはにわかに信じられない話ですが、禁煙に成功してみると、初めて意味が分かります。



タバコ=ストレス発散、タバコ=集中力の増加、は創りだされたまやかしです!仮に、あなたがイライラしてきた時タバコを吸うことでストレスが解消されたとします。しかし、それはニコチンによるもので、すぐにその効果は消えていきます。そしてまたニコチンの禁断症状により精神が不安定さやイライラになるのですが、その状態は初めの時よりも大幅にストレスが増えるのです。




つまりタバコの禁断症状による悪循環が繰り返されているにすぎないのです。結局、タバコがストレスを和らげるのではなく、ストレスをタバコがかえって増大させていたということです。



多くの人はタバコによる巧妙な技にだまされてたのです。また喫煙は、なんと自殺を誘発するということも指摘されています。禁煙者に比べ、1日約24本吸う人で2倍の自殺者、25本~の人では4倍にもなるという話もあります。



喫煙者はうつ病の発症率も多いといわれています。タバコにより集中力が高まるという人がいますが、これも体内のニコチン濃度が薄まることによる不安定さを解消しているに過ぎず、吸う事でその状態が回避されるだけです。タバコは本来の心の眼も曇らせてしまう、恐ろしい酒肴品なのです。